自動車税の還付

廃車に伴う自動車税の還付

普通自動車を抹消登録つまり廃車にした際には、自動車税の還付が受けられます。抹消登録をした月の翌月分から翌年度の3月分までを月割りにして還付とい流れです。ここで気を付けなければいけないことは、歯医者は必ず名義を抹消しないと還付が受けられないということです。ただ単に自動車をスクラップにして鉄くずにしたので税金を返してくださいという話にはなりません。名義を抹消する登録つまり廃車をしっかりと行うことが重要だということです。

よく自動車会社などが廃車手続きを代行してくれる場合があります。自動車そのものの現物の処理は自動車会社が行い、その後の名義の抹消手続きは行政書士に委任するという流れで行われます。自動車会社には原則として登録等の代行手続きはできませんので、専門家である行政書士に委任する流れとなっています。ここで注意しないといけないのは、よく自動車を廃車する際に記名捺印を求めてくる書類として、指名債権譲渡と呼ばれるものがあります。この書類に署名捺印をしてしまうと、自動車税の還付先を納税義務者ではない第3者に変更してもいいですよということの承諾と見なされます。すなわち、自動車会社などに自動車税が還付されてしまうことになってしまうのです。このため、廃車手続き時にこの書類の署名捺印を求められた場合には、その内容の説明をしっかりと業者側に対して求めましょう。内容の説明が出来ない場合には、提出先となっているところに電話等で確認することも有効です。場合によってはその指名債権譲渡に署名捺印を行う代わりに、自動車の買取り金額を上乗せしてもらうなどの交渉も必要でしょう。

このように廃車に伴う手続きは、あらかじめ知っておかないと損をする場合があります。また、あくまで自動車税は年度で課税されるものです。そのため、抹消月が3月の場合には還付がなされないため、注意が必要です。この他にも、3月を過ぎてしまうと自動車税が改めて課税されてきてしまいます。歯医者を依頼したのに自動車税が課税されたということで、問題になる場合がありますので早め早めの手続きを心がけましょう。また、3月末は運輸支局などは窓口が非常に混雑します。この時期を避けて手続きを行うように依頼することも十分考えましょう。業者側からも3月の依頼では4月にずれることがあるのでと断りを入れられるケースもあり得ますので、早めの相談、依頼が重要になってきます。”